読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝床の中

歯ぁ食いしばって寝る

The Idiot / イギーポップ

初めて聴いた。China Girlはもちろん、Dum Dum Boysが出色の出来。

パントマイム?なジャケ写はヒーローズに類似しているし、歌い方もモコモコとした音像もボウイの影響が色濃い。この辺りどちらが先にアルバムを出したかはあまり関係なさそう。

元々単純なリフを反復する曲が多かったストゥージズの発展系がDum Dum BoysやMidnight Sisterといった曲で、こういうミニマルな曲もクラウトロックを通ってるかどうかの違いで曲の重みが変わってくる。その実イギー本人はあまりその先進性を意識してなかったのでは。

グラムとパンクの橋渡しをしたボウイは77年の時点ですでにクラウトロックニューウェーブ勢を繋げていたんですね。本作によりヒーローズとジョイディヴィジョンの曲が腑に落ちたというか、繋がりが見えた。

それとイギーポップは作詞家としてもなかなかのもんで、ロマンチック路線のChina Girlにぐるぐる循環するようなDum Dum Boysのノリを取り入れたのが次作のThe Passengerとなる。

Paradise and Lunch / ライクーダー

アメリカ旅行をしたとき何軒かレコード屋を回って、シカゴの店でライクーダーを買った。2ドルだった。

手書きのイラストにガンマンを思わせる帽子、黄色からメキシコを連想したとこもあり購入した。

黄色いジャケットが好きで良いアルバムが多いと思っている。たまたまかも知れない。Jガイルズバンド、マッドラッズ、コステロ、続・夕陽のガンマン。

ジャケットは上部が破れて、盤は針飛びするがなんだかそれも洒落てる気がする。ピカピカのライクーダーの音楽なんてあるのだろうか。